レーシックと医療費控除について

レーシックの医療費控除を受けるには、
会社員の方は勤務先に申告書を提出し
自営業者の方は確定申告をします。

レーシックは、健康保険がきかないので、
医療費控除を利用して、
少しでも負担を軽くするように
したらよいでしょう。


医療費控除とは、
ご主人と奥さんや、子供たちなどの家族が、
1年間に、医療費を10万円を超えて支払ったときに利用できます。
(総所得金額が、200万円未満のときはその5%)

医療費控除の対象となるのは、
毎年1月1日~12月31日の期間で、
レーシックのみならず、
歯の治療や病気、ケガの治療で支払った医療費を
合算します。

ただし、レーシックの場合は、
全て医療費と認めてもらえないケースもあるため、
あらかじめ、税務署に問い合わせておいた方がいいでしょう。

レーシックの手術代が、を医療費として認められるのは、
職業上、メガネやコンタクトをつけては困るスポーツ選手や、
強度の近視・乱視で日常生活に支障がある場合が多いようです。

その他のケースは、所轄税務署の判断によりますので、
税務署に問合せて確認してみましょう。

1年間の医療費の合計が10万円未満では対象外となり、
25万円では、25万円-10万円=15万円が、
医療費控除の対象となります。

つまり、医療費の負担が大きかった分、
税金面で負担が軽くなるしくみ
というわけです。

以前に比べると安くなったとは言え、
まだまだ高額なレーシックの手術費の場合などは
医療費控除の対象となれば、ありがたいですよね。

ちなみに、現在の医療費控除の上限額は、
最高で200万円までとなっています。


記事を作成して調べている時に
レーシックがわかる、成功率からの考察 !!というサイトに出会いました。
たいへん参考になりました。
posted by aoi at 02:01

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0